野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

Twitter

走る〖 今月のつぶやきから 52 〗


今月は熊本地震がありましたけど、震災関連の情報に関してツイッターの威力を改めて実感しました。
そんな中で収集した医療関係の情報の中からいくつかをピックアップして振り返ってみます。

最初は、サプリメントについてです。
被災地にサプリを送るという話題もあったのですが、緊急性も必要性もないものを現地のスタッフが配るのはかえって負担になるように思いますけれど…。



次に、痛み止めを安易に使うと痛い目に遭うという話。



それから、心臓に悪い話。




最後に、薬に関するちょっと気になる話題を3題。



フォーク〖 今月のつぶやきから 51 〗


様々な最新の医療関係のニュースをチェックし、それに一言コメントを加えて twitter 上でつぶやいていますが、月末に1ヶ月分を振り返り、セレクトしてブログにまとめてお届けしている恒例のシリーズ。
腸内細菌に関する報告が相変わらず多いのですが、今月は以下の2つのテーマに絞ってみました。

まず、将来が期待される検査法や機器に関するツイート5題。
苦痛が少なく簡便な方法が次々に編み出されてきますね。





次に薬剤に絡んだツイートを4題。



さいけつ〖 今月のつぶやきから 50 〗


今月、twitter 上ではインフルエンザに絡んだつぶやきが多かったかな、と思いつつ振り返ってみると、意外なものが目立ちました。
二つのカテゴリーで以下にまとめます。

まず、医療機器関係の話題です。





もう一つは、抗菌薬に絡んだもの。





名称未設定-1〖 今月のつぶやきから 49 〗


今月は興味ある医療関係のニュースがそれほど多くなく、ツイートも若干少なめでした。

そんな中で、テレビなどでも取り上げられる機会が多くなってきた腸内細菌叢 ( 腸内フローラ ) に関する情報にたくさん接する機会がありました。
研究が盛んな分野なので、今後も目が離せませんね。






また認知機能や神経系の分野で興味深い情報も目立ちました。




ひじき〖 今月のつぶやきから 48 〗


収集した医療関係の情報をツイッター上でつぶやき、それを月末にブログ上でピックアップしているこのシリーズも 4年が経過しました。
今月には私のツイッターのフォロワーが1000名を超え、皆様に何らかの形でお役に立てているものと自負しております。
これからも今までのスタイルを貫いてツイッターとブログを活用して情報の発信をしていきたいと考えています。

今月のつぶやきから10個をセレクトしてみました。
まずは薬剤に関連したツイートを5つ。
最初のうがい薬に関するものはとても大きな反響がありました。





次に、食べ物に関わる話題を3つ。



最後に、アルコールやカフェインの代謝に個人差があるという話題で締めくくります。 


粉〖 今月のつぶやきから 47 〗


医療に関連した情報を収集し、ツイッターでつぶやいていますが、これは自分自身のメモ帳代わりにもなって大変重宝します。
ブログを書くため月末に1ヶ月分を振り返って読んでみるのですが、勉強になりますね。

今月は本当に面白い情報に接することが多かったのですが、その中からテーマを3つに絞ってまとめてみました。
まずは潰瘍性大腸炎に関連したツイートを3つ。



次に、睡眠に関わる話題を4つ。




最後に、日用品などに関してちょっと気をつけておきたい話題を4つまとめました。



薬〖 今月のつぶやきから 46 〗


先月来、米国で高額な薬価について急速に議論が拡がってきました。
ダラプリムという薬が55倍も値上がりしたことをきっかけにヒラリー・クリントンが製薬会社の法外な価格設定問題に取組むことに言及しましたし、ネット上でも意見が相次いでいます。
まずはその流れがおおまかにわかるツイートを3つ。



次に、薬の副作用についての話題2つ。


続いて、サプリメントについて。



最後に、反響はなかったものの個人的に興味があった話題を2つ。

ウシ〖 今月のつぶやきから 45 〗


医療に関する最新の話題について一言コメントを添えているツイッターでのつぶやきがここ最近増えていて、5ヶ月続けて月に100を超えています。
ツイッターをやることで、常に新しい情報に接するように心がける習慣がついて、自分自身でも勉強になります。

今月分のつぶやきの中から9つ抜き出してみました。
まず、薬剤に関してのつぶやきを5題。

無意味な抗生物質服用は避けたいものです。

せっかく服用する薬の効果がアルコールで台無しになってしまうようです。

スタチンが前立腺がんの治療の補助になるようですね。

メトホルミンは古い薬ですが、次々に新しい側面が掘り起こされますね。

ドネペジルが骨粗鬆症に有効だとしても薬価が高過ぎます。

次に、細菌やウイルスに関するつぶやきを3題。

アニサキスを除去する作業を楽にしてくれそうです。

インフルエンザの流行する時期にクエン酸、使える手段かも。( 裏技としてウラリット !? )

感染経路が分かれば乳がんを減らすことができるでしょうし、ワクチンで予防できるかも知れません。

最後に我ながらよくできたと思ってるつぶやきを。

シジミ〖 今月のつぶやきから 44 〗


朝晩が若干過ごしやすく感じられるようになってきました。
8月の twitter でのつぶやきを自分で振り返ってみると、非常に中身が濃かったと思います。
その中から絞りに絞って二つのテーマのもと、8つをセレクトしてまとめました。

まず、認知症に絡む 5題。





次に、生物に絡んだ話題を 3つ。



酩酊〖 今月のつぶやきから 43 〗


この一ヶ月の twitter 上でのつぶやきを振り返ってみると、中身の濃いものが多かったように思います。
月末にいくつかをピックアップしてブログにまとめていますが、今月は絞り込むのに大変苦労し、11個の掲載となっています。

まず、今の鹿児島の疾患事情について 4つ。




次に、普段我々がよく使う薬についての話題。
降圧薬であるACE阻害薬、解熱鎮痛薬、SSRI、睡眠薬について全部で7つです。






大根〖 今月のつぶやきから 42 〗


鹿児島は雨ばかり。
この6月は例年の3倍もの雨量があるとかで、外出もままなりませんよね。

さて、月末に1ヶ月分の twitter 上でのつぶやきを振り返ってピックアップしているこのシリーズ、今回は9つに絞ってみました。

まず、薬についての様々な話題です。




次に、賢い消費者になるためのヒント。




羊〖 今月のつぶやきから 41 〗


1ヶ月分の twitter への投稿を振り返り、いくつかの項目に絞ってまとめて月末にお届けしているシリーズ。
今月は医療関係以外のこともよくつぶやいたのではないかと思いますが、その中から9題をピックアップしました。

まず、薬に関して納得いかないこと、とでも言いましょうか。
① 約束処方というのは、年齢・性別の如何を問わず、診断付けたら全く同じ薬を出すというものです。

クロピドグレルの先発品は成分の結晶の特許を持っているため、後発品は溶解度や安定性が異なる可能性がありそうです。

③ 高齢者ではNOACよりワルファリンが優る可能性がありそうです。

ポリファーマシーに対する意識を高める必要がありそうです。

次に、漢方に絡む話題。
⑤ 厚朴に意外な作用がみつかりました。

グレリンが自律神経を調節して慢性炎症を抑えるようです。

最後に俗っぽい話題です。
⑦ メトクロプラミドは吐き気が落ち着いたらすぐに中止すべきです。

⑧ 動物の種類によって、睡眠時間が異なるのはなぜなのか、不思議ですよね。

⑨ 生活環境と疾患の関わり、調べてみるといろいろ面白そうですね。

チーズ〖 今月のつぶやきから 40 〗


医療にまつわる最新の話題を twitter 上でつぶやいています。
自分自身の復習も兼ねて月末に振り返っているこのシリーズ、今回はテーマを 2つに絞って8つの情報をまとめてみました。

今月目立ったのがNSAIDやアセトアミノフェンについての話題です。





次に、コレステロールを上げるとされる卵や乳製品についての話題です。
このあたりは日常の生活指導に大きく関わるので目が離せません。


大腸〖 今月のつぶやきから 39 〗


収集した情報を twitter 上でコメントを添えていち早く流しています。
今月もいろんなことをつぶやき、反響の大きかったものもありますが、テーマを絞って振り返ってみたいと思います。

まずは、糖尿病に絡んだ話題。




次に、潰瘍性大腸炎にまつわるもの 2題。


最後に、個人的に興味をひいた情報を 4つまとめておきます。


腸内細菌〖 今月のつぶやきから 38 〗


一月分の twitter 上でのつぶやきを月末に振り返っていますが、自分自身で忘れているものも結構あります。
知識を再確認する上でも一度見直してみるのも大事な作業ですね。

今月はNHKでも特集があったため、腸内細菌について言及しているものが多くありました。
今後も研究の進む分野だと思いますが、その中から3つだけ列挙してみます。



次に、緑茶の話題を3つ。
鹿児島はお茶の生産県なのに消費量が案外少ないので、その現状は打破したいですね。



最後に、着目点が非常に面白いと思う研究報告を4つまとめておきます。



↑このページのトップヘ