野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

Twitter

≪ 過去記事ウォッチング 6 ≫


出来る限りアンテナを伸ばして医療の情報を日頃からチェックしています。
将来的に医療を発展させるようなトピックもあれば、日常の診療にすぐに応用できるようなものまで様々な知見に溢れています。
一般の方が興味を持つのではないかというものは当ブログでもいくつか取り上げてきました。

cb4aba51.gif2010年に書いた「服の上から血圧を測ると」は、ある医療系サイトで紹介されていたもの。
ある程度の厚さの服ならばその上からカフを巻いて測定しても問題はないというものでした。
これはブログで紹介するとともに、実際の外来でも活用して現在に至っています。
服をまくり上げるとかえってカフが巻きづらくなる場合もあるので、服の厚さなどを考慮し臨機応変に血圧測定をしています。
記事にしたら比較的多くのアクセスをいただいたので、皆さんの関心の高さも伺えました。 

最近は、小ネタ的な情報はブログ記事にせず、Twitter にてリツイートするなどしていますので、右側のカラムにある「tweet してます」にも目を通して下さいね。

〖 今月のつぶやきから 4 〗


食事今月はリツイートされたつぶやきが20以上にも及びました。
たくさんの方々に Twitter をチェックしていただき本当に有難うございます。
ということで今回は先月のようにリツイートされたものを全てご紹介するのは大変なのでいくつかピックアップしてみたいと思います。


これには一つ訂正があります。
「劣勢」ではなく「劣性」です。
Twitter は誤字に気付いてもあとから修正が利かないのが欠点ですね。
このつぶやきはワルファリンという血液をさらさらにする薬の欠点を補って登場した新薬に対してのものなんですが、効果は変わらないけど薬価が50倍も違うのに閉口してつぶやいたもの。
特許切れの医薬品には次々ジェネリックが出て先発メーカーが苦戦することも理由の一つかも知れませんが、新しいジャンルの薬にはとんでもない値付けがなされることがあります。( 参考 )
これで本当に医療費が抑制されているんだかどうなんだか・・・。

それより、どんどん悪化する日本の食事情を改善することに力を入れる方がよっぽど医療費の抑制になると思うのですが。
皆さんも普段の食事をはじめとした生活習慣には十分気を使って下さいね。



〖 今月のつぶやきから 3 〗辞典


今月も Twitter 上でいくつかつぶやきましたが、リツイートされたものを古い順に掲載します。
こうやってつぶやきを張り付けられることを今まで知らなかったので、過去の二回分もこの機能を活用して変更しちゃいました。


ちなみに最初のつぶやきの中にある播州弁「べっちょない」は別状ない = どうもない、という意味です。

さて少しショックだったことがあります。
医療現場で日常的に使っている言葉が、日本語入力プログラムで変換できなかったのです。
他に検査データを見ながら「高値」「低値」という言葉もよく使うのですが、これもダメ。 
もちろん辞書にも載っていませんね。
患者さんなどに説明するときはできるだけ医学用語をやさしく言い換えるように努めていますが、 これらはごく一般的な日本語だと思ってたんですけどね。

〖 今月のつぶやきから 2 〗
学校

駅弁「かれい川」・緑茶・健康食品・魚・トマトジュース・高カロリー食・赤ワイン...。
今月の Twitter でのつぶやきを振り返ってみるとインフルエンザのことは当然として、どういうわけか食べ物に関するツイートが多かったですね。

今月は Twitter を始めて以来、最も多くリツイートされたつぶやきがあります。

Annals of Internal Medicine という医学誌に掲載された論文に対するものでした。
カナダの学者の論文で実際に学校閉鎖をしたわけでなく、たまたま夏季休暇に入ったらインフルエンザの患者が減ったのを科学的に検証したものです。( http://www.annals.org/content/156/3/173.abstract )
日本で2009年の新型インフルエンザ騒動の際に、5月に神戸の高校生で国内第一例が確認された後速やかに一斉休校の措置がとられたのですが、7月に患者が急増するまでに患者数が小康状態を保ち時間稼ぎができて行政や医療機関の体制が整えられたとされています。
感染症に対する予防接種への関心が低い日本にも世界に誇れるいい仕組みがあるということですね。 

〖 今月のつぶやきから 1 〗
ツイート

4年にわたって綴ってきた「医療情報 Pick Up」に代わって、今回から「今月のつぶやきから」をスタートさせます。
ちょうど 1年前から始めた 
Twitter も最初のうちはどのように活用したらいいのかさっぱりわからず、主に情報収集用に使っていましたが、8月ごろからできるだけつぶやくよう心がけました。
今ではブログを補完するような形で、自分のつぶやきだけではなく面白そうな話題をリツイートするなどして発信しております。

Twitter の欠点はすぐに情報が埋没してしまうことなので、月に一回つぶやきを振り返ってみようというのが連載の趣旨です。

今月は、日経メディカルのニュース「アスピリンの一次予防効果は出血リスクに相殺される」( http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201201/523293.html ) にツイートしたものに対して、多くのリツイートやお気に入りへの登録をしていただきました。

この内容に対する意見はまた別の機会に述べようかと考えていますが、リツイートされると俄然さらにいいつぶやきをしようと思わせてくれるのが Twitter のいいところですね。

また、昨日リツイートしたもので『成人式でピロリ菌感染検査、町挙げて胃癌対策に・長野県飯島町』( http://www.m3.com/news/GENERAL/2012/1/24/147419/&pageFrom=tb ) というのがありました。
この長期間の取組みで、未だ結論がはっきりしないピロリ菌除菌による胃癌の一次予防についてのエビデンスが得られるものと思います。
非常に興味深い取組みですね。

さて、一番気になったのは1月11日にリツイートさせていただいた『認知機能の低下が45歳からもう始まっている、と検証結果です』( http://www.m3.com/news/THESIS/2012/01/11/11879/?rUrl=http://www.m3.com/open/thesis/article/11879/&portalId=simpleRedirect&pageFrom=tb ) 。
私も思い当たる節があるものですから。 

〖 医療情報 Pick Up おさらい 48 〗
6657d320.gif

今月も「医療情報 Pick Up」でお届けした情報は一つだけでした。


コレステロール薬で/成人入院患者の/インフルエンザ死が4割減少 (J Infect Dis. 2011 doi: 10.1093/infdis/jir695)

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

スタチンと呼ばれる高脂血症の治療薬は以前から抗ウイルス作用があるとされており、今回もそれが証明されるデータが示されたことになります。
しかし、一方で「スタチンには感染予防効果も感染関連死亡を予防する効果もない」とする相反する論文も11月に発表されています。( BMJ 2011; 343 doi: 10.1136/bmj.d7281 )
こちらの論文ではウイルス以外に細菌感染なども含めてしまっているため異なる結果が出たのだと思います。



さて、長い間スクロールする掲示板を活用して様々な情報をお届けして参りました。
その中の一つ「医療情報 Pick Up」は膨大な医療情報の中から一般の方も興味を持っていただけそうなものをセレクトしてお届けして参りました。
ちょうど丸4年を迎えたのですが、今回で終わりにしたいと思います。
その代わり、
Twitterを活用して面白そうな話題を紹介する形をとって行く予定です。
これまでのやり方だと短文にまとめる手間があったのですが、twitterだと手軽に情報を紹介することが出来るからです。
右側のカラムの「tweet してます」欄にて読んで頂けるようになっていますし、関連するサイトにアクセスしやすくなるかと思います。

年明けからは新しい企画もやっていこうと思っておりますので、「野口内科 BLOG」を今後ともよろしくお願い申し上げます。

         □ 関連記事  医療情報Pick Up  47

2011091012074832333.gifブログという手段を通して様々な情報を綴って6年目に入りましたが、この間に新しいソーシャルメディアが広まってきました。
これらの手段を複合的に活用して何か新しいことができないか、今年の初めからいろいろ考えていますが、なかなか自分の納得のいくアイデアが浮かんでいません。

Twitter は医療関係の情報を効率良く拾い上げられないかという発想でアカウントを取得し、つぶやかずについばむことを中心に使っていました。
最近になってこのブログとの連動を考えてできるだけツイートするように心がけており、当ブログの左側のカラムで見ることができるようにしました。
試行錯誤している最中で上手な使いこなしが出来ていませんが、とりとめのない日常やブログの内容を補完するものなどを記していくつもりでいます。

興味のある方はフォローしてみてくださいね。



             washi_omuをフォローしましょう

↑このページのトップヘ