野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

インフルエンザ予防接種は10月1日から。65歳以上の方、60歳~64歳以上で心臓や肺に疾患のある方を優先します。



飲料〖 今月のつぶやきから 106 〗


10月27日の時点で、鹿児島県では新型コロナウイルスの新規発症例が11日連続で確認されていません。
しかし、インフルエンザがちらほらと報告されていますので、これまで通り油断のないように感染症対策は続けていきましょうね。


月末にお届けしている「今月のつぶやきから」。
今回はツイッター上のつぶやきを9つピックアップしてみました。


まずは、血糖や糖尿病に絡んだ話題を4つ。

① ホエイにはGLP-1分泌促進作用や食欲を促すホルモンであるグレリンを抑える効果が過去に報告されていますが、今回は摂取するタイミングについて。

② 血糖上昇を抑えるとされるコーヒーも、飲むタイミングが大事のようです。

③ 緑茶やコーヒー、糖尿病の方は積極的に飲んでいただくのがいいようです。

④ 糖尿病治療に使うSGLT2阻害薬、次々にいいデータが出てきますね。

次に、糖分について2つ。

⑤ 砂糖で味付けした飲料には、本当に注意が必要です。

⑥ 果糖で血糖は上がりませんが、摂り過ぎるとこんな問題点もあるんですね。


最後は、個人的に興味のある話題を3つです。

⑦ 新型コロナウイルスの流行初期には、感染リスクになるのではないかと槍玉に上がったレニンアンギオテンシン系を抑える降圧薬ですが、逆に肺炎の悪化を防ぐようですね。

⑧ 腸内細菌のバランスが乱れるといろんな疾患に繋がりますが、パーキンソン病も関連がありそうです。

⑨ サプリなどでカルシウムを摂り過ぎるのも様々なリスクが報じられていますが、ビタミンDも注意が必要そうです。

 ★ 診察室のデスクトップ 89 ★


休みが限られていると、花や紅葉のベストなタイミングに合わなるのは大変。
以前、垂水千本イチョウ園に足を運んだ時は、枝に残っている黄金色の葉はごくわずかでした。
かなり渋滞すると聞いていたので、まだ夜が明けきらないうちに家を出て見に行ったのにもかかわらず、です。
色づき具合をホームページで知らせてくれていて、行った1週間前は、見頃はもう少し先という情報だったので選んだ日だったのですが。

千本イチョウというだけあって敷地がやたらと広大で、イチョウの葉を踏み締めつつ枝っぷりのいい木々の中を散策する朝のひとときは格別でした。

今年は、寒さが早くやって来ていますが、いつ見頃になるのでしょうね。
そう思いを馳せつつ、私は毎日「胃腸炎」を診ています。

今回の診察室のデスクトップ画像に選んだのはイチョウです。

イチョウ



 ◆ 診療所ライブラリー 174 ◆


うんこのひみつ「知られざるうんこの秘密やうんこが持つ別の顔、そしていにしえのうんこの歴史を多数紹介する」と謳うこの本。
その通り、うんこに関して非常に興味深い情報が満載の本です。

宇宙飛行士のうんこがとても臭い理由、病気や美容にうんこが使われてきた歴史など、見開きで小学生にも理解できるやさしい言葉でエピソードが綴られています。


日本においては、し尿を買い取ったり農作物と交換したりして農地の肥料にするシステムが鎌倉時代から確立していました。
買い取られるし尿にはランクが有り、一番高く買い取られるのが大名屋敷のもの。
対して安かったのが牢獄のものだったというのは、この本で初めて知りました。

欧州では路上に捨てていた時代もあったわけで、この点では日本の衛生度は高かったと言えます。
しかし、ピロリ菌を含む寄生虫感染も循環させていたことになります。( → ピロリ菌の本当の感染ルート )


また、海外ではウシやネズミ・ゾウなどのうんこが薬として活用されていたことが本書で紹介されています。
日本の例は書いてありませんが、以前紹介した「旅行用心集」という江戸自体の書物の中に、船酔いで嘔吐した後に便を飲め、とありました。
旅行用心集では、しきりに旅のお供に五苓散を勧めていますが、船酔いへの対応の項目では登場しないのが不思議。
五苓散を事前の服用すると、酔い止めに効果があるんですけどね。( → 旅行に持っていくと重宝する漢方薬 )


うんこについて大人も子供も楽しく学べる良書ですよ。


参考 → 今日のうんこ

本年3月1日に開催予定であった第5回鹿児島マラソンに引き続き、来年3月7日の鹿児島マラソンの中止も決まりました。
防府読売マラソンや名古屋ウィメンズマラソンなど規模を縮小して開催される大会もあるので、ちょっぴり期待していました。
しかし、本年の大会出場予定者に来年の大会の優先出走権を約束をしていたので密が避けられないことや、医療スタッフやボランティアの確保の見通しが立たなかったのが開催断念の原因となったようです。

♦♦♦♦♦

目標がないと普段のジョギングのモチベーションも違ってきますが、それにもめげず18日の早朝西之谷ダムの周回コースをジョギングしました。
3週目にさしかかった時、それまでなかった黒い物体が道端に転がっているのが遠くから見えました。
トラックが荷物を落としたのだろうか ?
最初はそう思っていましたが、近づくにつれそれが動物っぽく見えてきます。
タヌキ ? それとも・・・。
イノシシ01イノシシでした。
イノシシが這いつくばっていたのです。
その姿勢のまま、私の方をギョロリと一瞥。
でも立ち上がることもなく、そのままの姿勢でくつろいでいる感じでした。
あまりにおとなしくしているのでうっかり5mくらいの距離まで近づいていたと思いますが、慌てて道の反対側まで迂回してジョギングを続けました。

先週は地元武岡のマックスバリュ付近での目撃情報が映像と共にニュースになってました。
また、近くの介護施設付近出没するようですが、西ノ谷ダムに近いエリアなので、私が遭遇したのと同じ個体かも知れません。
今思うとちょっとゾッとしますが、皆さんも十分に気をつけて下さいね。

( 写真は以前学会で神戸を訪れた際に撮影したもので、今回のイノシシとは関係ありません )


 ● 薬の説明書のイラスト 339 ●


クロッカスに似た花だけど、赤く細長い雌しべが特徴的なサフラン。
いかにも人の興味をそそる雌しべですが、古くから薬用として活用されていました。
ローマ時代の皇帝ネロの侍医、ディオスコリデスが著した薬用植物のバイブル的存在の「薬物誌」の中では " krokos" の名で登場しており、緩和・収斂・利尿作用があるとされています。
また、中国には元の時代に食材として入り、明の時代に編まれた「本草綱目」にも紹介されています。

古代ギリシャやローマ時代には、黄金色の染料としても王侯貴族に好まれ、バラと並ぶ人気の花だったようです。

先日、サフランで色付けしたライスをインド料理屋で食べたばかりなのですが、Go to イートキャンペーンでは必ずパエリアを食べようと思っています。

10月後半の薬の説明書のイラストは、今が花のシーズンのサフラン
です。


サフラン

↑このページのトップヘ