野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

37.5℃以上の発熱で診察をご希望の方は、電話で予約が必要となります。→ ● 当院の発熱外来について


12月4日、菅総理大臣が記者会見を開き、「現在コロナ感染者数や重症者数が過去最多となり、きわめて警戒すべき状況が続いている。既に先週から重症者向けの病床が逼迫しており、強い危機感を持って対応している」と述べました。
これが、9月16日以来の記者会見というのですからあきれたものですが、新型コロナ対策に明確な方向性を示さなかったことに本当にがっかりでした。
新型コロナウイルス感染が拡大してから最悪の情勢にある中、緊急事態宣言を出すこともせず、Go To 関連事業を止めることもなく、国は一体何を見据えているのでしょうか。

また、多くの方々も連日報道される数字の大きさに慣れたというか、感覚が麻痺したというか、初期のころに比べると危機感が希薄になってきている印象です。
私は、鹿児島県のコロナの発生数をツイッターで連日伝えています。
最初の頃は、閲覧数やリツイート数も多かったのですが、最近はかなり落ちてきています。
大騒ぎしていた春先よりも、今がはるかに厳しい事態であることを、下のグラフを見て真剣に受け止めて下さい。
1~2週間後がどうなっているのかを想像してみて下さい。
グラフ


感染を抑えきらないうちに経済を回し始めた結果、多くの国民が命の危険に晒され続け、医療関係者にクリスマスも正月も期待できないような状況が生じています。
同じ島国のニュージーランドや台湾は、新型コロナをほぼ征圧しています。
日本もやればできるはずです。

2020年も今月で終わり。
COVID-19 ( 新型コロナウイルス ) に翻弄された一年でしたね。

インフルエンザワクチンについては、多くの方の希望に添うことができず申し訳なく思っております。
もし、入荷できた際にはブログでお知らせしたいと考えています。

さて、年末・年始の診療についてのお知らせです。

  ■ 12月29日 (火) 午後6時30分まで 診療いたします。

  ■ 12月30日 (水) ~ 1月3日 (日) の5日間はお休みとなります。

  ■ 1月 4日 (月) 午前 9時より 通常通りの診療が始まります。


今年は、5日連続のお休みとなります。
定期受診をされている方は、お薬を切らすことのないように十分気をつけて下さい。
また、1月4日は、午後6時30分まで診療を行ないますのでご活用下さい。



年末年始のお休み


 ● 薬の説明書のイラスト 342 ●


11月末から急に冷え込んできました。
それまでが穏やかな天候が続きましたし、昨冬は比較的暖かだったので、早くも寒さが身に染みます。

学生時代、教室には冷暖房が整っていなかったので、冬になるとお世話になっていたのがカイロ。
当時はベンジンを入れる白金懐炉でしたが、今は使い捨てカイロが主体ですよね。
近年目立ったきた商品には、充電式のものがあります。
私はもう売っていないeneloopのカイロを持っていますが、繰返し使えるのはとても経済的です。
最近のものはモバイルバッテリーとしての機能も搭載されています。

12月1日はカイロの日。
明日からの薬の説明書にはカイロ
を選んでみました。


カイロ

レントゲン〖 今月のつぶやきから 107 〗


雨が少なく、半ばには夏日もあるなど過ごしやすい11月でしたが、今週末はかなり冷え込むようです。
体調には十分気をつけて下さい。


さて、ツイッター上でつぶやいた医療情報を月末にピックアップしてお届けしている「今月のつぶやきから」。
今月は10個の情報を選んでみました。


まずは、新型コロナウイルスに関しての情報から3つ。

① 犬の嗅覚を活用した新型コロナの検査ですが、訓練に手間ひまはかかりそうですね。

② 普段の風邪の原因となるウイルスのうち、10~15%はコロナウイルスとされています。この免疫が新型コロナウイルスに対しても有効なのかも知れませんね。

③ こういう報告があると、注力すべき対象を絞り込む事ができます。


次に、認知症に関わる報告を3つ。

④ 大豆摂取時に腸内細菌の助けを借りて生成されるエクオール。腸内細菌のバランス次第でうまく合成できない人もいるようです。

⑤ 騒音も認知症の一因となるようです。

⑥ メトホルミンは発売されて60年以上経ちますが、次々に新しい働きが見出されています。


最後に、個人的に驚いた話題を4つ選んでみました。

⑦ 根本的な治療法のないネフローゼ症候群が、物療で改善するとは驚きです。

⑧ 食事を摂るタイミングが蛋白尿に関係しているというのも驚きです。

⑨ 精子は競争しているのではなく協調しているというのも驚きです。

⑩ 簡単に診断できない肺高血圧症が、AIの力を借りるとレントゲン写真1枚でわかってしまうというのも驚きです。

 ◆ 診療所ライブラリー 175 ◆


残念な習慣多くの方が当たり前のようにやっている事だけど改めた方がいいぞ、という豆知識を集めて紹介している本です。
衣食住に関わることを幅広く網羅し、1~2ページに簡潔にまとめてあり、非常に読みやすい内容です。
知ってるものは復習の意味がありますし、すぐに実行に移したい情報もあり、楽しく最後まで読み切れます。

医療に関することは、歯磨きや爪の手入れなど衛生面での知識や、目薬のさし方や血圧の測り方など医師の説明が疎かになりがちなことまで書いてあります。
うがいについても、このブログで詳しく書いた内容をさらりと簡潔にまとめてあるのは好感が持てます。( → 参考「うがい」)

この本はシリーズ化されていて、続編や健康面に特化したものも刊行されています。
新型コロナで巣ごもりがちな方には、時間潰ししながら正しい常識が身につく本ではないかと思います。

↑このページのトップヘ