2009100922271717278.gif相変わらず、外来や電話などで新型インフルエンザワクチンへの問い合わせがひっきりなしにあります。
最近もブログに書きましたが、報道される以上の情報が手に入らない状態が続います。

ただし、以下の点についてはお伝えしておきます。
今週の初めに、新型インフルエンザワクチンの受託医療機関として名乗り出るかどうかの意向調査が回ってきたということです。
厚生労働省の説明では、7日までに市町村が受託医療機関名を取りまとめる段取りになってましたが、期日が近づいているのに先週まで何の説明もなく我々も不安でした。
ワクチン接種に向けて一歩前進したとはいえ、この点は若干スケジュールの遅れがあるものと思います。

9日にはワクチン59万人分が初出荷されたというニュースがありました。
最初は医療関係者が接種することになっていますが、日本には医者だけで27万人います。
初出荷分だけではとても該当者をまかなえる数ではありませんし、私自身がいつ打つことになるのかさっぱりわかりません。

本当にあと10日弱で接種が開始されるのかあまり現実味を感じないのですが、皆様方に必要な情報は速やかにお伝えしていくつもりでおりますので、しばしお待ちください。