1月17日、阪神淡路大震災から22年目を迎えました。
何かと慌ただしい年末年始だったので、震災を経験した私でさえ、直前までそのメモリアルデーが近いことをすっかり忘れていました。
そのくらい長い時間が経過したのだと思いますが、目に焼き付いた光景は褪せることなく蘇るのもまた事実です。

わ昨年は4月14日と16日に熊本地震があり、鹿児島に住む我々もその揺れを体感しました。
あまりに大きな自然の力を目の前にして、自分は一体何ができるのだろうかと無力感にひしがれます。
でも、一人一人の力は小さくとも、それが合わさって大きく事態は動きます。
阪神淡路大震災の時、私はがれきを片づけたわけでもなくライフラインの復旧に携わったわけでもありません。
医師として医療を要する人を全て診たわけではありません。
その中のほんの一握りの方々に可能な限り接しただけです。
皆がそれぞれの役割を持って動かした小さな歯車が噛み合って、復興へ向けての大きな力になったのです。
人と人のつながりが固いほど、そのパワーも無駄なく強力なものになると思います。

震災で負った心の傷を癒すのにも、そういう絆が大切だと感じます。
その輪の中からこぼれ落ちることなく皆が日常を平穏に過ごせるようにするのは、阪神淡路大震災以降、熊本地震に至っても大きな課題となっています。
過去の災害を教訓にしながら、知恵を出し合っていく努力を弛ませるてはいけません。

そういうことを今回の地元テレビ局の取材で言いたかったのですが、咄嗟にうまく表現できなかったので、改めて書かせていただきました。