野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

37.5℃以上の発熱で診察をご希望の方は、電話で予約が必要となります。→ ● 当院の発熱外来について


④ 連載

 ● 薬の説明書のイラスト 345 ●


1月19日は「のど自慢の日」なんだそうです。
ラジオでのど自慢の前身番組が流されたのが1946年のこの日だったとか。
終戦から間もないその時期に、全国に明るさを届けてくれたことと思います。

音楽は人を元気づけてくれますが、今のコロナ渦の中では感染リスクとなり得るので、気軽に唄うことすらままなりません。
自由に歌を口ずさむことができる世の中に早く戻ってほしいものです。

18日からの薬の説明書のイラストはのど自慢 ( の判定の鐘 ) です。



のど自慢

Kisses-On-The-Bottom【診察室のBGM 176】


映像付きで音楽を聴くと、気にも留めていなかった曲を見直すきっかけになることがあります。
今回紹介するアルバムが出た2012年当時は全く興味がなかったのに、YouTubeでバックミュージシャンに
エリック・クラプトンダイアナ・クラールを見つけ、それに関心を抱いて最近になって買ってしまった一枚です。

それは
 Paul McCartney のジャズアルバム「Kisses On The Bottom」
Paulのアルバムを買うのはWings時代の「Back To The Egg」以来だと思います。
Paulと言えば、曲ごとに表情の変わる変幻自在の歌声で知られますが、このアルバムでは楽器に溶け込むような一貫性がみられます。

私にはあまり馴染のなかった
「Get Yourself Another Fool」という曲の中では、エリック・クラプトンとダイアナ・クラールのご両人がセッションに参加しているのがYouTubeでわかります。
モノクロの映像と相まって、渋みのある大人の格好良さが感じ取れる一曲ですね。




 ★ 診察室のデスクトップ 91 ★


鹿児島市はイタリアのナポリ、オーストラリアのパース、そして米国のマイアミと姉妹都市の盟約を結んでいます。

ナポリ通りと名付けられた道路が、鹿児島中央駅の東口から港の方へと延びています。
以前は全線がその名称でしたが、パースと友好都市になってからは、途中の甲突橋より海側をパース通りと呼ぶようになりました。
パース通りは、片側実質4車線で中央分離帯もあり、歩道もたっぷりととられている幅の広い道路です。
その歩道に埋め込まれているタイルにあしらわれているのがパース市の市章
パースのシンボルである黒鳥が両サイドに描かれています。
赤いくちばしに白い斑点がしっかり表現されていますが、本物の黒鳥の水かきはここまで赤くないようです。

今回のデスクトップ画像は、歩道のタイルのパース市の市章です。

Perth





 ● 薬の説明書のイラスト 344 ●


年末は降雪があったものの、比較的穏やかな天気が続いている鹿児島のお正月。
しかし、7日から8日にかけてまた雪の予報になっています。
今年はどんな冬になるのでしょうか。

本日、1月4日から外来診療が始まります。
今年最初の薬の説明書のイラストは赤べこです。
コロナ禍の中でにわかに注目を集めたアイテムですが、会津地方の有名な玩具で、赤色は疫病神が嫌う色、体の白と黒の二重円は天然痘の皮疹を表しているとされています。
私の高校時代の担任の先生が福島県出身で、三学期の終わりにクラス全員に赤べこをプレゼントしてくれたのを覚えています。

今年はいい一年となりますように。


akabeko

似た者同士〖 今月のつぶやきから 108 〗


好天が多い12月でしたが、年末年始は降雪も予想される鹿児島。
医療機関も休みますので、体調管理には十分気をつけて下さい。


集めた医療情報を備忘録目的でツイートしており、その中から興味深いものをピックアップしてお届けしているのが「今月のつぶやきから」です。
今月は12個の情報を選んでみました。


まずは、生活習慣に関係する話題を5つ。

① 平日と休日で生活リズムを大きく崩さないで過ごすように心がけましょうね。

② 液晶画面ではなくもっと子供に目を向ける時間を増やすべき、という現代社会への警鐘となる研究報告です。

③ 児童生徒が学校で安心して排泄ができる環境を作っていかなくてはなりません。

④ ペットも自分と同じ悪しき生活習慣に引きずり込まないよう、飼い主としての自覚を。

⑤ 砂糖入りの飲料をウーロン茶に変えてみませんか ?


次は、運動に関連する2つの話題です。

⑥ やる気のない人を匂いを使って運動に誘い出せる可能性が見えてきました。

⑦ やる気のない人の動機付けになると嬉しい報告です。


次は、新型コロナに罹りにくくなるという2つの報告です。

⑧ 新型コロナのワクチンよりも、おたふくかぜのワクチンなら扱いが楽ですが。

⑨ 糖尿病治療の基本となるメトホルミンには、本当に多彩な作用があります。


最後は、個人的に興味を持った3題です。

⑩ TRPチャネルには実に多彩な働きがあるんですね。


 降圧剤としてACE阻害薬を使うことが多いのですが、ARBも見直さなくてはなりません。

⑫ 顔は自分のため ? 他人のため ? ということを伝えたいツイートなのですが難解な文章になってしまいました。

 ◆ 診療所ライブラリー 176 ◆


感染症の日本史神戸在住時には、日本で最初の厄除け神社とされる多井畑厄除八幡宮の近くに住んでいたことがあります。
そこには「疫神祭塚」があり、昔は「厄除け」に「疫除け (やくよけ) 」の意味合いが大きかったのだろうと推測されます。
「疫」は流行り病のことですね。
多井畑厄除八幡宮のことは過去にも触れていますので参考に。 ( →「
和気神社の藤棚」「牛の胆石」)


そんなこともあって、昔から感染症の歴史には非常に興味を持っているのですが、歴史を分かりやすく解説してくれる磯田道史による「感染症の歴史」という本がこの秋に出版されたので、早速購入しました。
私もあまり知らなかったような様々な感染症の史実がちりばめられているだけではなく、その歴史を教訓として今の新型コロナ渦にどう立ち向かうのが賢いのかを導き出しているのが凄い所です。
歴史は過去をなぞるだけのものではありません。
今を生きる我々が、そこから教訓として学び取り、活かしていくことも大事なのです。


戦争や天災よりも、はるかに多くの犠牲者を生むことさえある感染症。
いい加減な対応では太刀打ちできません。
新型コロナの感染者数や重症患者数が過去最多を更新し続けているのに、GoTo関連事業を止めることを頑なに拒み続けるこの国のトップ。
最善策を選択できない宰相とこの愚策は、間違いなく感染症の歴史の一つに刻まれます。
後世の人々が絶対に真似しないように学び取ってくれたら、それはそれで価値があることだと思いますけれど・・。

 ● 薬の説明書のイラスト 343 ●


昨日までと打って変わって、鹿児島も急に冷え込んできましたね。
数日間はかなり厳しい寒さのようで、昨シーズンは見られなかった桜島の冠雪もありそうです。

診察室の音楽はクリスマスソングになっていますけど ( → こちら) 、コロナ禍においてはこの時期定番の第九のコンサートも今年はほとんどないと思います。

来年こそは、ごく普通に賛美歌などが聴かれる12月になることを期待して、明日からの薬の説明書のイラストには聖歌隊
を選びました。


聖歌隊

 ★ 診察室のデスクトップ 90 ★


わが家に植えてあるドイツトウヒに、毎年クリスマスの飾り付けをします。
最初のうち飾れていたツリートップも、木がどんどん成長してもはや手が届きません。
可能な範囲で、電飾やオーナメントなどを取り付けています。

診察室の机に置いてあるモニターのデスクトップ画像も雪の結晶のオーナメントにしてみました。
鹿児島の今年の12月は穏やかな晴天が続いていますが、来週前半はかなり冷え込むようです。
ここ数年降っていない雪も、今シーズンは見られるのでしょうか。

オーナメント




MISIA【診察室のBGM 175】


12月は診察室に流れる音楽がクリスマスソングに替わるのが恒例です。

毎年、少しずつクリスマスアルバムを買い増していますが、今年の目玉は
 MISIA 
実家が病院ということもあるのでしょうが、コロナ渦にあって医療従事者支援を目的としたライブを行なった彼女が、次に届けてくれたのがこの
「So Special Christmas」
今回の収益の一部は、知的障害者のスポーツを支援する組織に寄付されるそうです。


オープニングを飾る
「Gloria - glorious evolution -」は「荒野の果てに」という日本語タイトルでも知られる賛美歌。
優雅なストリングスに始まり、Misiaのスキャットが続き、オルガンが入った所から彼女の唄い上げるクリスマスワールドが展開されます。
途中で絡むソプラノサックスが何とも魅力的です。


満ち足りた気持ちで、最後まで聴き通せる素晴らしい出来栄えのアルバム、皆さんも是非。




 ● 薬の説明書のイラスト 342 ●


11月末から急に冷え込んできました。
それまでが穏やかな天候が続きましたし、昨冬は比較的暖かだったので、早くも寒さが身に染みます。

学生時代、教室には冷暖房が整っていなかったので、冬になるとお世話になっていたのがカイロ。
当時はベンジンを入れる白金懐炉でしたが、今は使い捨てカイロが主体ですよね。
近年目立ったきた商品には、充電式のものがあります。
私はもう売っていないeneloopのカイロを持っていますが、繰返し使えるのはとても経済的です。
最近のものはモバイルバッテリーとしての機能も搭載されています。

12月1日はカイロの日。
明日からの薬の説明書にはカイロ
を選んでみました。


カイロ

レントゲン〖 今月のつぶやきから 107 〗


雨が少なく、半ばには夏日もあるなど過ごしやすい11月でしたが、今週末はかなり冷え込むようです。
体調には十分気をつけて下さい。


さて、ツイッター上でつぶやいた医療情報を月末にピックアップしてお届けしている「今月のつぶやきから」。
今月は10個の情報を選んでみました。


まずは、新型コロナウイルスに関しての情報から3つ。

① 犬の嗅覚を活用した新型コロナの検査ですが、訓練に手間ひまはかかりそうですね。

② 普段の風邪の原因となるウイルスのうち、10~15%はコロナウイルスとされています。この免疫が新型コロナウイルスに対しても有効なのかも知れませんね。

③ こういう報告があると、注力すべき対象を絞り込む事ができます。


次に、認知症に関わる報告を3つ。

④ 大豆摂取時に腸内細菌の助けを借りて生成されるエクオール。腸内細菌のバランス次第でうまく合成できない人もいるようです。

⑤ 騒音も認知症の一因となるようです。

⑥ メトホルミンは発売されて60年以上経ちますが、次々に新しい働きが見出されています。


最後に、個人的に驚いた話題を4つ選んでみました。

⑦ 根本的な治療法のないネフローゼ症候群が、物療で改善するとは驚きです。

⑧ 食事を摂るタイミングが蛋白尿に関係しているというのも驚きです。

⑨ 精子は競争しているのではなく協調しているというのも驚きです。

⑩ 簡単に診断できない肺高血圧症が、AIの力を借りるとレントゲン写真1枚でわかってしまうというのも驚きです。

 ◆ 診療所ライブラリー 175 ◆


残念な習慣多くの方が当たり前のようにやっている事だけど改めた方がいいぞ、という豆知識を集めて紹介している本です。
衣食住に関わることを幅広く網羅し、1~2ページに簡潔にまとめてあり、非常に読みやすい内容です。
知ってるものは復習の意味がありますし、すぐに実行に移したい情報もあり、楽しく最後まで読み切れます。

医療に関することは、歯磨きや爪の手入れなど衛生面での知識や、目薬のさし方や血圧の測り方など医師の説明が疎かになりがちなことまで書いてあります。
うがいについても、このブログで詳しく書いた内容をさらりと簡潔にまとめてあるのは好感が持てます。( → 参考「うがい」)

この本はシリーズ化されていて、続編や健康面に特化したものも刊行されています。
新型コロナで巣ごもりがちな方には、時間潰ししながら正しい常識が身につく本ではないかと思います。

 ● 薬の説明書のイラスト 341 ●


このところ、スタッフが回転寿司の話題で盛り上がっていました。
Go To Eat キャンペーンを使ってお得に食べられるのだとか。

鹿児島では、全国チェーンの店よりも地元業者による回転寿司店が幅を利かせています。
地元で捕れる魚を中心としたネタは回転寿司のレベルを超えていて、評判高いですよね。
Go To Eat のオンライン事業に関しては、間もなく予算枠を使い切りそうだという話ですが、食事券はまだまだ使えます。
寿司に限らず、地元の新鮮な食材を堪能しようと思っています。

11月後半の薬の説明書のイラストは回転寿司

11月22日は回転寿司の日なんだそうです。


回転寿司

Rick-Braun【診察室のBGM 174】


スムーズジャズ界の名トランペッター Rick Braun 
ミュートを使って情熱的でありながら繊細でシルキーな音色が高い評価を受けています。
トランペットだけでなく、トロンボーンやヴォーカルまでやってしまうオールラウンドな活躍も目を引きますね。

彼が2019年にリリースした
「Crossroads」はジェントルでメロウなサウンド満載のアルバム。
収録された10曲はいずれも完成度が高く、耳に心地よくて、私のお気に入りの一枚です。

オリジナルのバラード曲
「The Moment I Saw You」では彼の馥郁としたフリューゲルホルンが堪能できます。
印象的なメロディを奏でるキーボードも彼が弾いているようですね。
まあ、何という多才ぶりでしょうか。




 ● 薬の説明書のイラスト 340 ●


11月15日はのど飴の日。

よく勘違いされるのですが、病院で処方されるトローチにはのどの痛みをとる働きは全くありません。
医者もよく知らずに、のどの痛みを訴える患者さんに処方しているケースがありますが・・。

SPトローチの主成分は界面活性剤であって、口の中を消毒しているに過ぎません。
いわば、舐める石鹸です。
詳細は、以前当ブログで書きましたで、是非ご参照下さい。( → 「トローチはのどの痛みをとる !? 」 )

で、お勧めしているのが市販のトローチやのど飴です。
ただし、キキョウやカリン、蜂蜜
などが含まれるものです。
これらの成分は、痛みに対してだけではなく、咳止めの働きもあるとされています。


11月前半の薬の説明書のイラストに選んだのはのど飴
です。


のど飴

↑このページのトップヘ