野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

インフルエンザ予防接種は10月1日から。65歳以上の方、60歳~64歳以上で心臓や肺に疾患のある方を優先します。



 診療所ライブラリー

 ◆ 診療所ライブラリー 174 ◆


うんこのひみつ「知られざるうんこの秘密やうんこが持つ別の顔、そしていにしえのうんこの歴史を多数紹介する」と謳うこの本。
その通り、うんこに関して非常に興味深い情報が満載の本です。

宇宙飛行士のうんこがとても臭い理由、病気や美容にうんこが使われてきた歴史など、見開きで小学生にも理解できるやさしい言葉でエピソードが綴られています。


日本においては、し尿を買い取ったり農作物と交換したりして農地の肥料にするシステムが鎌倉時代から確立していました。
買い取られるし尿にはランクが有り、一番高く買い取られるのが大名屋敷のもの。
対して安かったのが牢獄のものだったというのは、この本で初めて知りました。

欧州では路上に捨てていた時代もあったわけで、この点では日本の衛生度は高かったと言えます。
しかし、ピロリ菌を含む寄生虫感染も循環させていたことになります。( → ピロリ菌の本当の感染ルート )


また、海外ではウシやネズミ・ゾウなどのうんこが薬として活用されていたことが本書で紹介されています。
日本の例は書いてありませんが、以前紹介した「旅行用心集」という江戸自体の書物の中に、船酔いで嘔吐した後に便を飲め、とありました。
旅行用心集では、しきりに旅のお供に五苓散を勧めていますが、船酔いへの対応の項目では登場しないのが不思議。
五苓散を事前の服用すると、酔い止めに効果があるんですけどね。( → 旅行に持っていくと重宝する漢方薬 )


うんこについて大人も子供も楽しく学べる良書ですよ。


参考 → 今日のうんこ

 ◆ 診療所ライブラリー 173 ◆


健康食品・サプリ商品名の覚えやすさや名前から連想するイメージは、とても重要です。
例えば、日本において酸分泌抑制薬のH2ブロッカーのシェアでナンバーワンは「ガスター」( ファモチジン ) なのですが、胃を想起させ ( gastro = 胃 ) 、言葉に力強さがあるのが、この分野の代名詞的存在になった理由の一つだと思っています。

具体的な商品を取り上げ、そのネーミングの問題点に焦点を当てているのが今回紹介する本ですが、健康食品・サプリメントが商品名やパッケージの表示で、ここまで奸策をめぐらせて消費者を惑わせているとは知りませんでした。

鹿児島では有名な「伝統にんにく卵黄」も槍玉に上がっていますが、サプリ1日分に含まれる卵黄量が卵1個の約1/112しか含まれていない計算になるとか。
対して、メーカーからは「鹿児島の伝統的な作り方を踏襲していてつなぎの役割をしているだけ」と回答があったようです。
つなぎの役割だけなのに、ホームページでは「栄養たっぷりの飼料を食べて育った、元気な鶏の有精卵黄のみを使用」と大きく宣伝されています。
こういうのを見たら、ほとんどの人は卵黄成分もたっぷり摂れると勘違いしてしまうでしょうね。

この本の中で、複数の商品が取り上げられているメーカーがあります。
2016年の伊勢志摩サミットの際にメディアセンターで平然と水素水を提供するという愚行を演じたので、以来私はそのメーカーの飲料水は買わないようにしています。
ネーミングの問題点を指摘されても改善しようとしないメーカーの姿勢も見て取れましたので、一人不買運動は今後も続けていこうと思います。

 ◆ 診療所ライブラリー 172 ◆


シニアの逆流性食道炎胃・十二指腸の潰瘍や胃がんをどう治療していくか。
私が医者になって内視鏡をいじり始めた頃は、それが大きな課題でした。
命に関わるような潰瘍やがん治療に明け暮れていた昔は、逆流性食道炎なんてたかが胃液が食道に逆流してくるだけの話ではないか、と多くの消化器医はあまり問題にしてきませんでした。

ピロリ菌の除菌療法が普及すると景色は大きく変わり、逆流性食道炎に悩む方は本当に増えています。
胸やけだけでなく、のどの違和感・咳・虫歯・中耳炎・不眠などの原因になりうる疾患で、日常生活に支障をきたしている方も多くいらっしゃいます。
胃酸を抑える薬の内服が治療の基本になりますが、それだけでは症状が落ち着かないケースもあり、そこは消化器医の腕の見せ所になります。
逆流性食道炎の診断には経鼻内視鏡が適していますし、今の治療に満足していない方も含めて、是非私に相談して下さい。
一緒に日常の質を改善していきましょう。

10年前になりますが、逆流性食道炎について9回シリーズで書いたブログ記事がありますので、こちらも参考に。〔 → 胃食道逆流症 (逆流性食道炎) 

 
♦♦♦♦♦

さて、今回の本紹介の本は、そんな逆流性食道炎についてまとめてある本です。
シニアの方にも読みやすいように、大きな字で 図版も多くとてもわかりやすいですよ。

 ◆ 診療所ライブラリー 171 ◆


人類と病新型コロナウイルスの感染者数が最も多く世界保健機関 ( WHO ) を脱退した米国、そして2番目に多く経済最優先を掲げるブラジル。
この2か国がWHOの成立に大きく関わっていたとは何とも皮肉です。

この本では、世界的に流行したいくつかの感染症を取り上げ、世界的な協調を取りながら我々人類がいかにして克服してきたか、その歴史を学ぶことができる本です。

4月に刊行されたばかりの本で、今深刻な影響を及ぼしている新型コロナウイルスのことにも簡単に触れられており、これまでも国際的な管理がうまくいった例やその逆もあることが紹介されています。
感染蔓延の封じ込めと経済の両立についても、過去に何度も苦悩があったこともわかります。
例えば、スエズ運河が完成して問題となったコレラ。
最大の利益を享受するイギリスが検疫に消極的だったのですが、コッホによりコレラ菌が発見されて、インドと地中海で流行している菌が同一のものであることが証明され、それがやがて国際衛生協定の締結に結びついていくという話を読むと、皆が足並みを揃えて危機に立ち向かうことの重要性が改めて浮き彫りになってきます。

人類がたどってきた感染症との闘いの歴史を振り返り、新型コロナウイルスにいかに賢く対応していくべきかを考える上で、とても役に立つ本ではないかと思います。

 ◆ 診療所ライブラリー 170 ◆


すべての医療は.「不確実」である巻頭とあとがきで、著者が若手医師だった頃に経験したつらい症例のことが書かれています。
そこで「たとえようのない無力感と、諦念と、ある種の罪悪感に同時に襲われた」そうですが、私も同じように気持ちになったことがあります。
ずっと医療に携っていますが、今の医学が何でも治せるものではないし、同じ疾患でも患者ごとに治療成果が異なることは嫌というほど思い知らされます。

20年ほど前までは医者の経験や勘に頼っている部分が多かった臨床現場に、科学的根拠に基づいた医療を施すことが徐々に浸透してきました。
個人的な医師の経験則を排除して、信頼性の高い治療法がどんな医療機関でも受けられるよう平準化がなされてきているのです。

その科学的根拠を明らかにする臨床疫学という学問に身を投じた著者が、しっかりしたデータを元に様々な医療手段に鋭く切り込んでいるのが、今回紹介する本です。

がんの代替医療が科学的根拠に基づく医療を代替できることはないと断じていますし、 風邪への抗菌薬処方が慣習的な医療であり患者もその臨床的経験に依拠してしまうこと、タミフルや子宮頸癌ワクチンの騒動にはマスコミがあまりにも無責任な報道を行なってきたことも断罪しています。
面白いのは、職場の定期健康診断で医者の聴診は不要だし、医者の診察すら不要だとしていること。
これにもちゃんとしたデータに基づいた提案なのです。

医療がどう不確実なものか、それは本書を読んでいただくこととしますが、個人的にはタイトルのイメージとは裏腹に読後にスカッとした気分になれる非常に面白いないようでした。


参考 → 「風邪の際の抗菌薬に対する意識」 

 ◆ 診療所ライブラリー 169 ◆


誤嚥性肺炎最近、食べ物や薬をのどに引っかけてしまうことが増えてきました。
今日紹介する本の中にも「飲み込む力の低下は40代、50代から始まって」いると書いてありますが、それを実感する日々です。
でも、のどの筋肉は何歳からでも鍛えられるとか。
紹介されているとても簡単な体操を活用していこうと思います。

ご存じかも知れませんが、日本人の死因の上位に肺炎が挙げられます。
一時は死因第三位になったこともあり、また年齢が上がるほどその比率は高くなっていくので、肺炎対策は重要です。
「高齢者の肺炎の7割は誤嚥と関係がある」ということで、本書では誤嚥性肺炎の原因やその対策方法をイラスト入りで非常に詳しく解説してあります。
高齢者を介護する立場にある方も多いと思いますが、とても実用的な本なので是非一読して下さい。


ただ、ちょっと気になる間違いを指摘しておきます。
胃食道逆流症 ( 逆流性食道炎 ) についてなのですが、「横向きに寝る場合は、右を下にして寝ると、胃から腸への食物の移動が促され、逆流を予防します」と書いてあります。
このような解説を時々見かけるのですが、全くの逆で、左を下( 左側臥位 ) にしなければいけません。
下のイラストを見て下さい。

胃左側臥位右側臥位の胃

左から、立位・左側臥位・右側臥位にした時の胃の向きです。
大事なのは食道と胃の位置関係で、中央のイラストの左側臥位だと食道が上方にきます。
立位で胃は左側 ( イラストでは向かって右側 ) に大きく張り出していますが、この張り出しが左側臥位だと下になります。
この部分に胃液が溜まるのです。
よって逆流しにくくなります。
右端のイラストの右側臥位だと、逆流を助長してしまうのは説明するまでもないでしょう。
胃食道逆流症 ( 逆流性食道炎 ) でお悩みの方が就寝される際は、左側臥位を意識して下さいね。 

 ◆ 診療所ライブラリー 168 ◆


疲れない新型コロナの世界的流行の中、日本でも緊急事態宣言がなされ、不要不急の外出は避けるように呼びかけられています。

私は、ここ数年ジョギングをするようになって外にいる時間が増えました。
しかし、それまでは巣ごもり生活を全く苦にしないタイプでしたので、退屈しのぎの引き出しはいくらでも持っています。

今回紹介するのは、簡単なポイントに注意することで、いろんなシーンで疲れにくくなる体を得るためのノウハウが詰め込まれている本です。
背骨に頭をふんわり乗せて体の無駄な力を省くことで、台所仕事や草むしり、階段昇降、座りっ放しなど様々な場面で疲れなくなるというもの。
自分の体の取り扱い方をイラストで丁寧に説明しています。

私も、ジョギングの際にフォームを意識します。
足の運び方以外には、ナチュラルな椎骨のカーブを保って頭をその上に乗っけて上半身の重心がぶれないようにすることも心掛けていますので、この本を手にした時は私の考え方が補強されたように思いました。

家の中でもできる簡単な体の使い方の補正です。
この本を参考に、有意義な「Stay Home」を実践して、社会に日常が戻った時に疲労を感じないで過ごせる体に作りかえておきましょう。

 ◆ 診療所ライブラリー 167 ◆


教養としての健康情報テレビでも新聞でもネット上でも、最近のニュースは専ら新型コロナウイルスのことばかり。
健康を脅かし、様々な日常生活に大きな支障をきたしているのですから致し方ありません。
そんな中で、根拠のないフェイクな情報やデマに人々が踊らされているシーンも目に付きます。
例えば、免疫力を高めるとして納豆やヨーグルトがスーパーの棚から消えたり、感染予防効果があると唄った空間除菌グッズを買いに走ったり・・。

今回紹介するのは、医療や健康系の情報を本当かどうか見分ける方法のヒントをちりばめた本。
マスクが本当に感染予防になるのか、ビタミンCに風邪の予防効果はあるのか、など具体的な医療情報をいくつか挙げ、その元になった論文などを提示して真偽の程を確かめていくことで、読み解き方が身に付いてくるという内容です。

いろんなことが自粛ムード中で萎縮し、自宅にいる時間が増えていると思います。
そういう時は、本を読んで知識を深めましょう。
当ブログでは、様々な医療や介護などに関連する本をこれまでにたくさん紹介してきましたので、是非参考にして下さい。( →  診療所ライブラリー )

 ◆ 診療所ライブラリー 166 ◆


もしも病院に犬がいたら犬を飼うと我々の健康にさまざまなメリットをもたらすことが知られています。
一緒に散歩をするなどで身体活動が高まり、糖尿病などの生活習慣病やフレイルに罹りにくいとか、独居の方は飼っていない人に比べて死亡率が低い、といったような報告があります。


病気や障害を持つ方々の身体や機能の回復の補助をするセラピードッグの活動をご存知の方が多いと思いますが、今回紹介する本の主人公は日本初のファシリティドッグ。
セラピードッグはさまざまな場所で活躍します。
これに対してファシリティドッグは、ある一ヶ所の施設にとどまって活動するのが大きな相違点です。

病と闘う子供たちを3000人も支えてきたというファシリティドッグ「ベイリー」の活躍から引退までを追ったNHKの番組が昨年放送されました。
そのベイリーが日本に来るきっかけから子供たちやスタッフに溶け込んで活躍していく様子を、描いた本。
子供たちにもわかりやすい文章ですし、文字も大きいのでご高齢の方々にも読みやすくなっています。


各地でファシリティドッグの導入が進めばいいのでしょうが、育成やコストの問題がどうしても足かせとなってきます。
理解が進み、多くの方々の賛同が得られる取組みに育ってほしいと願っています。

 ◆ 診療所ライブラリー 165 ◆


ボクは甲状腺甲状腺疾患を抱える人は、30人に1人とも20人に1人とも言われています。
決して珍しくない甲状腺の病気について、絵本という形式をとってわかりやすく解説しているのが今回紹介する本です。

医学関連の本はたくさん出ていますが、いい本にはなかなか出会えません。
でもこの本は一押しです。

① 文章が平易であり、見開きで一項目が完結していること
② 横書きであること
③ 図版が多いこと

私が日頃からこの手の本に求めている条件が全てそろっているのです。
イラストは愛らしく、ページ毎に工夫を凝らした配色もなかなか見事です。

いつも下手くそな絵を描きながら甲状腺の検査データや各疾患の説明をしているのですが、この本のイラストを利用する方が患者さんによく理解してもらえそうに思います。

甲状腺疾患をお持ちの方々もお手元に置いておいて損のないオススメの一冊です。

 ◆ 診療所ライブラリー 164 ◆


旅行用心集江戸時代は庶民の間で旅行ブームがあり、特に伊勢参りでは多い時に年間500万人が訪れたとという記録があるそうです。
一日当たり1万4千人が歩いていた計算になり、途中の宿場町がそれだけの人数を収容できたのか少々疑問ですが…。


1810年に刊行されたという「旅行用心集」を現代語訳したのが今回紹介する本です。
旅行に際しての注意事項がまとめられているのですが、当時の旅ならではの項目もあれば、現代にも十分通用する心得も書かれています。

船酔いした時の対処法にはとんでもないことが書いてありますし、ハンミョウは毒虫と断定していたり、五岳と白澤の絵札を忍ばせていれば災難を免れると真剣に語っている文もあります。
逆に、雨天時は土砂崩れや川を渡る際の増水に気をつけることが記されています。
渡河場所の降雨が大したことなくても、上流域の天候次第で増水があり得るという説明は、現代人も心得ておかなくてはならないことですよね。

また、旅の常備薬として五苓散が挙げられているのには驚きました。
以前「旅行に持っていくと重宝する漢方薬」と題して当ブログの記事を書きましたが、その中で私が真っ先に取り上げたのが五苓散なのです。
私自身、必ず携行して出かけるのですが、昔の方々も持っていたのですね。


なお、絵札については、「華麗なる薩摩焼」で麻疹除けるなるという
鍾馗の錦絵について書いていますのでそちらも併せてお読み下さい

 ◆ 診療所ライブラリー 163 ◆


仮病の見抜きかた
「総合診療医ドクターG」というNHKの番組があります。
登場する医師が実際に経験した症例がドラマで再現され、それを見ながら研修医が診断を絞り込んでいく過程が非常にワクワクしますよね。

今回紹介するのは、その「ドクターG」の小説版とでも言えそうな内容の本です。
タイトルから、この本の内容は、病気とは言えない仮病をどうやって嗅ぎ出すのか、という風なものと思われるかも知れませんが、全く違います。

不可解な訴えや症状で、なかなか診断がつかず、仮病として片づけられていた10のエピソード。
マイナーな疾患を解説する医学的な専門書なのに、小説という形態をとっているのが面白い趣向です。
病気のヒントになるような情報だけではなく、患者さんや医療スタッフとのさりげないやり取りも描かれていて、そこから学ぶことも多くあります。
先入観を持たずに患者さんの訴えを理解することの大切さも伝わってくる、新しい形の医学書です。

 ◆ 診療所ライブラリー 162 ◆


病院は東京から今朝の地元紙にこんな記事が載っていました。

看護職 最大27万人不足

医療の世界では2025年問題というものが以前から指摘されています。
団塊の世代が、後期高齢者となり社会保障費の急増が懸念されているのです。
今日の記事では、その2025年に看護職が都市部を中心に最大27万人も不足してしまうという推計が載っていました。
実は、既に不足は明らかで、看護師が比較的多いとされる鹿児島でも、多くの病院が定員を満たすのに苦労しています。

一方、医師不足も深刻なのですが、国は定員を減らそうとしています。
医学部の定員を1万2000人まで増やすと決め、ここ数年で医学部を2つも新設しておきながら、現在の定員は9400人程度に留まっています。
一般勤労者の倍を超える、医師の献身的な残業で医療現場は成り立っています。
働き方改革が叫ばれる中、地方の勤務医に関しては残業上限を年間2000時間にしましょう、なんてことを当の厚労省が案を出してくるなんて、ちゃんちゃらおかしいことです。

興味のある方は、今回紹介する本を是非読んでみて下さい。
関東エリアで始まっている病院崩壊の実態、それが地方に及んでくるのもそう遠くないと思います。

 ◆ 診療所ライブラリー 161 ◆


隠れぜんそく風邪をひいた後に、いつまでも咳だけが続く…。
こういう方を診る機会は案外多いのですが、咳喘息という疾患の念頭において診察・治療を行ないます。
咳喘息であれば、風邪が長引いているわけではないので、一般の風邪薬は無効です。
気管支喘息に準じた治療薬を使えば、なかなか止まらなかった咳が落ち着いてくるのです。
風邪の後に限らず、特定の時間帯や特定の環境下で咳が出る場合は、咳喘息を疑う必要があります。

一般に「隠れ喘息」とも呼ばれている咳喘息を患っている方は意外と多く、今回紹介する本の著者は、日本人の3~4割ほどいるのではないかとさえ言っています。
この本は、著者の長年の豊富な経験に基づき、分かりやすい平易な文章で気管支喘息や咳喘息の一般的な症状、原因、治療法を解説してあるので、もしかしたら自分も咳喘息 ? という気づきがあるかも知れません。
慢性的に咳でお悩みの方は、一読をお勧めします。

さて、既に気管支喘息や咳喘息の診断を受けている方へのお願いです。
本書にもあるように、症状が軽くなると治療を中断してしまう方が結構いらっしゃいます。
鹿児島県は気管支喘息の患者さんが多い上、十分に治療を受けていないため、喘息死が多いことも統計上わかっています。
我々の努力が足りないのかも知れませんが、定期的な医療機関への受診を怠りないようにして下さいね。

 ◆ 診療所ライブラリー 160 ◆


身近な人が脳梗塞かつて日本人の死因のトップだった「脳血管疾患」 (脳梗塞と脳出血 ) も、昭和の終わりに「悪性新生物」や「心疾患」に抜かれ、平成の終わりには「肺炎」にも一時抜かれて4位に後退しました。
最近発表された2018年の統計では「老衰」に抜かれて再び4位となっています。
平成の世の臨床現場に医師として関わってきた私も、脳卒中の数が減ってきているのを実感しています。
しかし、罹ってしまうと手足に麻痺が残ったり、会話がしにくくなったりなどの重い後遺症を残して、日常生活に大きな影響をきたすことがあります。

その脳卒中について、一般的な知識や治療法、後遺症が残った場合の自宅での介護のポイント、リハビリテーションの実際、再発を防ぐためのヒントなどをまとめたのが、今回紹介する本です。
見開きで右ページに解説、左ページに図表が配置されていて、非常に理解しやすくなっていると思います。
特に、ご家族にもできるリハビリや介助の仕方のイラスト入りの解説は役に立つと思います。

欲しい情報が全て詰まっている一冊、ご家庭に用意しておいても損はないですよ。

↑このページのトップヘ