≪ 過去記事ウォッチング 26 ≫


内視鏡検査新型コロナウイルスの流行で、各医療機関でいろんな検査がスムーズに受けられない状況が続いています。
胃の内視鏡検査も、患者さんから医療関係者が感染するリスクがあるため、検査を制限している施設も多いようです。

当院でも内視鏡検査数が例年よりも少ない状況が続いていますが、検査自体は行なっておりますので、ご希望の方は遠慮なくご相談下さい。
イラストには経口内視鏡のものを選んでいますが、当院では経口よりもはるかに楽に受けていただける経鼻内視鏡による検査を行なっています。

♦♦♦♦♦

さて、胃の検査を受ける場合、患者さんには普段の処方薬は服用しないように説明しています。
その理由については、4年前の記事「胃の検査前に薬を飲んではいけません」に実際の内視鏡画像を添えて書きました。

要約すると

・溶けた薬の成分が胃の壁にへばりついて観察の妨げとなる
・胃炎の原因になる
・検査中に吸引されてしまうため、その日は薬の効果が十分に得られない

ということになります。
検査が終わってから、服用しましょうね。