● 薬の説明書のイラスト 328 ●


新型コロナウイルスが世界を席巻している中で、にわかに注目を集めているのがアマビエ。
肥後の妖怪で、その姿を描くと厄除けになるとされてまいす。
イラストだけではなく、だるまや南部鉄器、和菓子まで出現していますが、鹿児島でも薩摩焼バージョンが売られています。

古来から厄除けに効果があると広く知られていた鍾馗 ( しょうき ) という道教神をご存知でしょうか。
江戸時代末期に麻疹やコレラが流行した時には、「はしか絵」を家に貼ると良いとされ、鍾馗を描いたものが人気を集めたとか。
関東を中心に端午の節句に鍾馗を描いた幟や五月人形を飾る風習がありますし、関西などでは軒先に瓦製の人形を飾っている所もあるようです。

5月前半の薬の説明書のイラストに選んだのは鍾馗です。


鍾馗についてはこちらもご参考に。→
華麗なる薩摩焼

鍾馗