野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

● 新型コロナワクチンの予約は終了しました

37.5℃以上の発熱で診察をご希望の方は、電話で予約が必要となります。→ ● 発熱外来



お茶

ピーナッツ〖 今月のつぶやきから 117 〗


新型コロナの新規発症者が随分と減ってきました。
鹿児島県も月末にはまん延防止等重点措置の解除が期待できそうです。

今月 twitter 上でつぶやいた医療情報、今回は9つをピックアップしました。


まず、身近な食材が病気の予防になりそうだという話題を7つ。

① ビワが自宅の庭に成るご家庭も多いのではないでしょうか。

② 先月に引き続きコンニャクの話題です。

③ お茶の消費が落ちてきているようですが、元気な体でいるためにも積極的に飲みたいですね。

④ 体内時計を整えて健康を維持したいものです。

⑤ ピーナッツは鹿児島でも比較的入手しやすい食材です。

⑥ クルミにも様々な効用があるようですね。

⑦ アボカドを毎日、というのはちょっとつらいですが。


最後は、鹿児島に関連した話題を2つ。

⑧ サンプル抽出法に問題がありそうですが、当院でも頭痛の治療に工夫を凝らしています。

⑨ 大腸がんの発見に唾液を使う時代が来るかも知れません。


 ● 薬の説明書のイラスト 351 ●


先日、新茶をいただきました。
鮮やかなグリーン、やさしい香り、そして甘い風味。
一口飲んで、鹿児島に生まれて良かったなと思う瞬間です。

2019年の鹿児島県の緑茶の産出額が静岡県を上回り、トップに躍り出たというニュースは衝撃的でした。
かつて6割を超えるシェアを誇っていたキリンビールを、アサヒビールが追い抜いた時と同じくらいのインパクトがありました。
それよりも更に驚くのは、急須のない家庭が多い ( らしい ) という話。
若い世代ではペットボトルのお茶しか知らないという人もいるそうですね。


当ブログでも紹介している緑茶に関する研究報告も海外からのものが多いというのも残念な話です。
お茶の持つ様々な作用を紹介していくのも我々の努めなのかも知れません。

薬の説明書の5月後半のイラストに選んだのはお茶です。


お茶

灰〖 今月のつぶやきから 23 〗


今日の天気予報は「雨か雪」となっている鹿児島。
11月に雪の予報が出るなんて極めて異例です。
実際、寒い日が続いており、ぼちぼちインフルエンザ発生の情報も入ってきています。
当院では今シーズンのインフルエンザの患者さんはまだいらっしゃいませんが、体調には十分気をつけてください。
予防接種もお早めに済ませておいて下さいね。

月末に1ヶ月の twitter 上でのつぶやきの中からいくつかをピックアップしている「今月のつぶやきから」。
今月は、いつも以上に地元鹿児島に絡めてのものが多かったように思います。
医療とは関係ないものもありますが、そのいくつかをまとめて紹介します。







broccoli.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 16 〗


4月に左のお知らせのカラムでお届けした「医療情報 Pick Up」 の情報は以下の通り、3点でした。


・メタボの人は/そうでない人より/食塩摂取による/血圧上昇リスクが/3倍以上 (Lancet 373:829 - 835, 2009)

・ブロッコリーの摂取で/ピロリ菌が減少/胃潰瘍や胃癌の/予防ができる可能性 (Cancer Prev Res 2009 2: 353-360)

・熱いお茶の摂取で/食道癌のリスクが上昇/イラン北部の調査で (BMJ. 2009 Mar 26;338:b929)


   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


食べものに関する話題が続きました。

高血圧の方には申し訳ないのですが、私自身は食塩を多く摂っても血圧が上がりません。

また、ピロリ菌はいないのですがブロッコリーは食道癌、前立腺癌、肺癌などの予防効果もあるとされているため、よく食べています。( 塩で食べることも )

お茶は、食道には悪いと知りつつも熱いのが大好きです。
日本では奈良の茶がゆがが食道癌のリスクの一つとして古くから知られていました。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  15


↑このページのトップヘ