野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

アセトアミノフェン

大腿四頭筋〖 今月のつぶやきから 114 〗


普段の診療をやりながら、できるだけ多くの方々に新型コロナワクチン接種を行なっています。
その関係上、新しい医療情報にアクセスする時間が減ってしまっています。

ツイッター上でつぶやく数も減ってしまっていますが、その中から10個をピックアップしてみました。

まず、新型コロナウイルスに関係する話題を3つ。

① 65歳以上では2回目の接種後、発熱の方はほとんどいませんがご参考に。

② 後遺症として一生インスリン自己注射をしなくてはならない方も一定の割合で出てくるようです。

③ 普段からの食事の心がけは大事です。


次は、甘いものに関する2つの情報です。

④ 今後は大腸がんの方に、加糖飲料の摂取状況を必ず聞いてみたいと思います。

⑤ 人工甘味料、いいデータはありません。


次に、加齢に伴って起こる変化について2題。

⑥ 大腿四頭筋は体の中でも大きな筋肉です。衰えさせないように日頃からスクワットやウォーキングなどの運動を心がけましょう。

⑦ 免疫の加齢による変化の一端が見えてきましたが、腸内細菌が絡んでいそうです。


最後は、個人的に気になる情報を3つです。

⑧ 苦痛を伴わない検査手段は大歓迎です。

⑨ 治療開始前に調べておくといいのかも知れませんね。

⑩ SSRI、私はほとんど使いません。

くす〖 今月のつぶやきから 73 〗


寒い日が続いており、節分の頃は一段と冷え込む予報が出ています。
インフルエンザも猛威を振るっていますので体調には十分気をつけて下さい。

いつも月末近くにツイッター上でのつぶやきをピックアップしてまとめている「今月のつぶやきから」ですが、今回は10題を選んでみました。


最初は、インスリンや糖尿病にまつわる6つの情報です。
睡眠時間、授乳、尿素、下肢筋力など、いろんなことが血糖のコントロールに絡んでいるとわかりますね。







次は、内服薬に関する4つの情報です。
SSRIは血小板のセロトニン取り込みも抑制するので、血小板凝集能も低下しまうのは頭に入れておきたい点です。
ジェネリックと先発品が同等でないことは今回の報告からも示唆されます。
これまで知られていなかったイブプロフェンやアセトアミノフェンの副作用の報告もチェックしておきたいですね。




チーズ〖 今月のつぶやきから 40 〗


医療にまつわる最新の話題を twitter 上でつぶやいています。
自分自身の復習も兼ねて月末に振り返っているこのシリーズ、今回はテーマを 2つに絞って8つの情報をまとめてみました。

今月目立ったのがNSAIDやアセトアミノフェンについての話題です。





次に、コレステロールを上げるとされる卵や乳製品についての話題です。
このあたりは日常の生活指導に大きく関わるので目が離せません。


2011053010213017681.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 41 〗

ブログの左側のカラム、お知らせ欄でいつもお伝えしている「医療情報 Pick Up」で今月お届けしたのは下の一つだけに留まりました。

・中高年女性において/カルシウムサプリで/心筋梗塞・脳卒中等/心血管病変増加 ( BMJ 2010; 341: c3691.)
 

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


更新を怠っているわけではなく、一般の方に興味を持ってもらえそうな情報が今月少なかったため、と勝手に思い込んでいますが、一般の方がどこまで専門領域に関心があるのでしょうか。
いつもその判断に迷っております。
個人的には面白いなと思えるものがいくつかありましたので専門的になるのですが、紹介しておきます。

・アセトアミノフェンの長期連用で造血器腫瘍のリスクが倍に

・尿中ナトリウムが少ないと心血管死亡リスクが高い

・レボチロキシン用量が多い高齢者は骨折リスクが高い

小児やインフルエンザの解熱にアセトアミノフェンは他の非ステロイド性抗炎症薬 ( NSAIDs ) と比較して安全性の高いとされているのですが、白血病や悪性リンパ腫などの疾患においては他の NSAIDs にはみられない傾向があるようです。
他の二つの解説は省略いたしますが、いかがでしょうか ?
このような情報ならいくらでもキャッチしているのですが・・・。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  40

↑このページのトップヘ