野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

37.5℃以上の発熱で診察をご希望の方は、電話で予約が必要となります。→ ● 発熱外来


デジタルサイネージ

どうにか開催にこぎ着けた東京オリンピック
7月23日の開会式をテレビで見ましたが、まとまり感に欠ける中、ピクトグラムのパフォーマンスは面白かったですね。

ピクトグラムピクトグラムは、言語に依存せず、視覚に訴えることで内容が直感的に伝わるようにした図柄のことです。
オリンピックとしては1964年の東京大会で初採用され、その利便性が注目され世界中に広まったとされています。

2002年の日韓ワールドカップ開催に合わせてJIS規格が制定され、更に今回の東京オリンピック開催を前に、国際標準化機構で定められているピクトグラムとの整合性をとるために、JIS規格の見直しがなされました。

スマホなどで使われる絵文字は「emoji」として世界に広まっていきました。
世界に誇れる文化であり、今回のオリンピック開会式でピクトグラムに焦点が当てられたことは喜ばしいことです。

選手村のエアコンのリモコンが日本語表記のままで各国の選手が戸惑ったという笑えない話がありますが、ピクトグラムを上手に活用してほしかったと思います。

♦♦♦♦♦

ピンク東京五輪は、コンセプトの一つとして「多様性と調和」を掲げています。
にもかかわらず、配慮に欠けているものがあります。
それが色覚の多様性に対するもの。

大会関係者専用の車線にピンク色のラインをペイントしたようですが、赤または緑の光を識別しにくいタイプの色覚の人にはピンクがグレーに見えてしまいます
そのため、アスファルトの上のピンクのラインを引いても認知・判別しづらいのです。


また、サッカー日本代表のユニフォームですが、名前や背番号が読みづらいと思いませんか ?

ユニフォームその最大の原因は、ユニフォームの青地と背番号の赤の明度差があまりないことにあります。
そのため、色覚の問題と関係なく非常に読みづらいのです。
背番号には白いアウトラインを施していて、多少は見えやすくなっているのは、名前のアルファベットと比較してもらえばわかると思います。
しかし、その太さが十分とは言えず、青と赤のセパレーションの意味をあまりなしていません。
テレビ越しに見ると、選手が大映しになる時以外判読困難です。

学会や講演会などのプレゼンテーションで、ブルーをバックに文字を赤色で強調したスライドをちょくちょく見かけますが、チラチラして見にくいだけです。


色の選択方法については、もっと学ぶ必要があると思います。
学校の必修科目に取り入れてもいいのではないでしょうか。
そうすれば、深緑の黒板に赤いチョークを使うなんてことも起こらなくなるでしょう。


当院の待合室のデジタルサイネージで流している情報では、情報量や文字の大きさだけでなく、しっかり色彩計画を立てて見やすさを追求しています。
普段から気をつけていることなので、東京オリンピックでは余計気になってしまうのでした。 

2月1日より、待合室では新しいベンチソファを利用していただいております。

これまでのベンチは、2007年に当院の30周年の記念として当時のスタッフからいただいた物でした。( → 30周年のいただき物 3 )
汚れがほころびが目立ってきていて気になっていたのですが、先月の水道管トラブルで水をかぶってしまったことで買い替えの決断をした次第です。( → ご迷惑をおかけしました )

パステル調のターコイズブルーがロールカーテンの淡いピンクとうまくマッチして、待合室が少し明るく感じられるようになりました。
座面が深く沈み込まないので、ご高齢の方が立ち上がる際に負担にならないはずです。
コンテンツが充実してきた当院のデジタルサイネージも、ゆったりと楽しんでいただけるのではないかと思います。( → 10月からデジタルサイネージ、開始してます )

ソファ

当院の待合室では、疾患に関するパンフレットなどを置いたり、貸し出し可能な医療関係の書籍なども取り揃えたりして、難解な病気の仕組みや医療のことを少しでも理解してもらうよう工夫しております。

旅行ただ、待っている皆さんの好みも様々なので、昨年の4月から雑誌を数種類並べるようにしました。( → 待合室に用意した新たな雑誌 )
お子様向けの「たくさんのふしぎ」、定番の「NHKきょうの健康」、美術や骨董などを扱う「目の眼」、シニア向けの健康や生活情報を特集する「明日の友」はこれまで通りです。
この4月からは、旅の情報雑誌を「旅の手帖」に切り替えました。
これまでの雑誌より、幅広い世代をターゲットにした内容になっている印象です。

また、昨年の9月末からはモニターを設置して、当院からのお知らせや医療情報などを流すデジタルサイネージも始めました。
20分前後にまとめたものを繰返し流しています。
体温計の使い方や家庭での血圧の測り方、ピロリ菌のことなど、理解が深まったというお声を頂いており、コンテンツを集めて編集する私の励みになっています。
内容は不定期に更新していますが、来週からはまた新たな情報を流す予定です。
是非、お楽しみに。

≪ 過去記事ウォッチング 21 ≫


昨年の10月から、外来の待合室でデジタルサイネージを活用して、当院のPRのみならず、様々な医療情報もお伝えしています。( → 「10月からデジタルサイネージ、開始してます」 )
新年になってこの時期に合わせた内容にしています。

まずは、お餅による窒息について。
食べ物による窒息事故は1月に集中する傾向が強く、その大半が餅によるものです。
11日は鏡開きで、ぜんざいを食べることになると思いますので、特にご高齢の方は注意してくださいね。
外来で実際に流している画像を紹介します。

餅による窒息


そして、同じくこの時期に多発するのが入浴に関連する突然死です。
これについては、2年前に当ブログでも書いていますので参考にしてください。( → 「冬の入浴での注意点」 )
こちらも、外来で使っている画像を紹介しておきます。

冬の入浴

( 追記 ) 1月11日の南日本新聞に、鹿児島県内で2018年に入浴中に突然死した人は204人 ( 前年比6人増 ) だったという記事がありました。同年の鹿児島県の交通事故死亡者数が64人ですから、3倍以上。特に1月・2月に多いようですから、気をつけたいですね。

当院の待合室に32インチのモニターを設置し、様々な情報を流すようになりました。
流行りのデジタルサイネージ、というやつです。


業者にコンテンツ作成を依頼して配信する例が多いだろうと思いますが、当院のものは全くのオリジナル。
MacBookでKeynoteというソフトを使って素材をアレンジし、それをiPadに移し、AppleTVを介してミラーリングをしています。
これまで、4:3のアスペクト比のスライド作りに慣れ親しんできたので、16:9の画面に合わせての作業はちょっぴり新鮮です。
レイアウトの自由度が高く情報を効率的に配置できるので、もう4:3には戻れません。
一般的なプレゼンテーションの場面でも、16:9のスライドがもっと普及すればいいのにと思います。


現在は、

 ● インフルエンザや肺炎球菌ワクチンの案内
 ● 消化器疾患の解説
 ● 休診日などの情報

などに加え、

 ● 地元武岡の写真
 ● ハロウィンの動画

など医療とは関係のないものまで、およそ25のコンテンツを流しており、随時更新予定です。
今後は、やや雑然としていた掲示物を徐々に減らし、モニター画面での情報提供に切り替えていこうと思っています。

テレビが見れない、とご不満があるかも知れませんが、医療関係の情報を中心として、コンテンツの更新はこまめに行なって飽きのこない工夫をしていく予定です。
何とぞご理解のほどお願い申し上げます。
また、無線LANを介しているため、画面がぎこちなくなることがあります。
運用当初に比べてそのトラブルがかなり改善してきましたが、さらに快適に視聴していただけるよう工夫を重ねていく所存です。


デジタルサイネージ


↑このページのトップヘ