野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

37.5℃以上の発熱で診察をご希望の方は、電話で予約が必要となります。→ ● 発熱外来


マルギット橋

 ★ 診察室のデスクトップ 92 ★


1月の水道管破裂で、唯一全損だったのが診察室に置いてある画像保存システム。
しばらく代替機を使わせてもらっていましたが、ようやく新しい機器に更新できました。
デスクトップ画像も新しいものに取り替えています。

今回は2018年にハンガリーを訪れた際に撮影した、ブダペスト2番トラムです。
ドナウ川の左岸を貫く路線で、ブダペストの観光の目玉である国会議事堂や鎖橋、中央市場などへのアクセスがいいのはもちろん、車窓から対岸のブダの王宮などを眺めることができるので人気の路線です。
以前、アナザースカイという番組で、鉄道オタクでもあるモデルの市川沙椰が、この路線に乗ってはしゃいでいたのを記憶しています。

写真は専用軌道に入り込んで撮っているように見えるかも知れませんが、セーチェニー・イシュトヴァーン広場の停留所からの一枚。
決して迷惑行為は働いておりません。
背後には、黄金色に彩られたマルギット橋が写っています。

ブダペストのトラムは全長155kmにも及ぶとか。
地下鉄にもバスにも使える乗り放題チケットを活用すると、どこにでも行けてとっても便利です。


Budapest-tram

PC画面でご覧の方限定ですが、ブログのタイトル画像を変更しました。

これまでのタイトル画像は、2018年5月からブダペストのマルギット橋のモノクロ写真でした。
マルギット橋とブダペストの国会議事堂

橋のアーチの下からブダペストのシンボルである国会議事堂を狙った写真は、2018年のハンガリー旅行の際に撮った写真の中でも大のお気に入りでした。

♦♦♦

さて、今回選んだ写真は、打って変わって色鮮やかなものになっています。
英国留学生

いちき串木野市・羽島にある薩摩英国留学生記念館を写したものです。
幕末にこの地から英国に旅だった19人の若者の功績を讃えるために6年前に作られた建物です。
私のミラーレスカメラ、X-T20に備わっているアドバンストフィルターの一つ「ダイナミックトーン」を活用したら、建物や東シナ海、空の色がくっきり鮮やかに。
特に雲がとても印象的な画像に仕上がっていました。

ちなみに、薩摩英国留学生記念館をプロデュースしたのは中学校の同級生です。

♦♦♦♦♦
 
タイトル画像にマルギット橋と国会議事堂

PC画面でご覧の方は、ブログのデザインが変わったことにお気付きだと思います。
タイトル画像は2016年8月からイソヒヨドリを使っていました。
イソヒヨドリ02

これは鹿児島中央駅近くのナポリ通りで撮影したもので、最近は武岡近辺でもよく見かけるようになった泣き声の美しい鳥です。
写真にあるようにオスは背中の藍色とおなかの赤銅色のコントラストもきれい。
ずんぐりむっくりしている割に飛ぶのが速いのには驚かされます。

♦♦♦

さて、先日からモノクロ画像に変更しています。
マルギット橋とブダペストの国会議事堂

ブダペスト市民の憩いの場所、ドナウ川の中洲にあたるマルギット島の最南端部分、マルギット橋のたもとからハンガリーの国会議事堂を写したものです。
この日、ハンガリーは5月1日の祝日で、ドナウ川では派手な轟音の響く航空ショー ( エアレースのデモンストレーション ) が行われており、川べりやマルギット橋の上はものすごい人だかり。
川面には機体から噴出されたスモークが写っています。
画面に余計なものは入ってほしくなかったのですが、ある意味いい記念です。


♦♦♦♦♦
 
ガイドブックに載っていないブダペストの観光スポット 聖ラースロー教会
ガイドブックに載っていないブダペストの観光スポット サボー・エルヴィン図書館
● ブダの2つの教会 ( マーチャーシュ教会・改革派教会 ) とドナウ川

↑このページのトップヘ