野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

加糖飲料

大腿四頭筋〖 今月のつぶやきから 114 〗


普段の診療をやりながら、できるだけ多くの方々に新型コロナワクチン接種を行なっています。
その関係上、新しい医療情報にアクセスする時間が減ってしまっています。

ツイッター上でつぶやく数も減ってしまっていますが、その中から10個をピックアップしてみました。

まず、新型コロナウイルスに関係する話題を3つ。

① 65歳以上では2回目の接種後、発熱の方はほとんどいませんがご参考に。

② 後遺症として一生インスリン自己注射をしなくてはならない方も一定の割合で出てくるようです。

③ 普段からの食事の心がけは大事です。


次は、甘いものに関する2つの情報です。

④ 今後は大腸がんの方に、加糖飲料の摂取状況を必ず聞いてみたいと思います。

⑤ 人工甘味料、いいデータはありません。


次に、加齢に伴って起こる変化について2題。

⑥ 大腿四頭筋は体の中でも大きな筋肉です。衰えさせないように日頃からスクワットやウォーキングなどの運動を心がけましょう。

⑦ 免疫の加齢による変化の一端が見えてきましたが、腸内細菌が絡んでいそうです。


最後は、個人的に気になる情報を3つです。

⑧ 苦痛を伴わない検査手段は大歓迎です。

⑨ 治療開始前に調べておくといいのかも知れませんね。

⑩ SSRI、私はほとんど使いません。

人種〖 今月のつぶやきから 111 〗


森喜朗元総理の女性蔑視発言や、新型コロナに端を発した米国のアジア系住民に対するヘイト犯罪など、性差や人種に絡んだ問題が相も変わらず世間を賑わせていますね。

医療の世界では、性や人種の相違は、疾患のかかりやすさや薬の効果などにおいて無視することのできない因子です。
新型コロナ禍においても、米国では死亡率やワクチンの有効性について人種差を認めるという報告があります。

今回の「今月のつぶやきから」で取り上げた情報は10個。
そのうち半分は女性に関する話題です。

① 体重と心血管疾患のリスクは比較的若い頃からみられ、特に女性でリスクが高いようです。

② 糖をたっぷり含んだ飲料で、乳がんの予後が左右されるようです。

③ 妊娠や授乳中の薬剤使用には気を遣いますが、安心材料となる報告です。

④ ただし、大切な命を育てる妊娠中の食事には十分気をつけて下さい。

⑤ 女性における筋肉と脂肪の比率、なかなか難しいですね。


次は、新型コロナに関する様々な器材や商品についての話題を5つ。

⑥ 無駄なくワクチンが使える注射器は歓迎したいところなのですが・・。

⑦ 新型コロナが流行し出してから認知度の高まったパルスオキシメーターも、正確に測れるものでないことは理解しておきましょう。

⑧ 廃棄物になるところまでを考慮した医療器材、歓迎したいです。

⑨ 消費者庁から警告を受けても販売が続けられてる怪しい商品で悪徳業者を儲けさせてはいけません。

⑩ キットの精度が高いものだとしても、自分で上手に鼻腔や咽頭を拭えるかどうか、そういう手技も影響します。

2010062915390327720.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 30 〗


ブログの左側のカラムのお知らせ欄で紹介している「医療情報 Pick Up」で今月お届けした情報は久しぶりに 3点でした。

・昼寝する高齢者は/糖尿病発症の/リスクが高い/中国人対象研究で ( Sleep 2010; 33: 402-407 )

・日常の早足での/ウォーキングで/女性の脳卒中/リスクが低下 ( Stroke 2010; 41: 1243-1250 )

・加糖飲料の摂取を/減らすと/血圧が低下 ( Circulation 2010; 121: 2398-2406 )


   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


健康管理も普段の過ごし方一つ、ということでしょうね。

紹介しなかった分で、チョコレートに関連した興味ある話題が二つありました。
まず、チョコレートを食べると血圧が下がるというもの。
ただし 1日7.5gの摂取で血圧が約 1mmHg の低下と雀の涙程度の数値です。( European Heart Journal 2010; オンライン版 )
もう一つは、うつ病の人はチョコレートを大量に食べているというものです。
チョコを食べる結果うつになるのか、うつになるとチョコが欲しくなるのかはわからないということでした。( Archives of Internal Medicine 2010; 170: 699-703 )

以前当ブログでチョコレートに関する話題を一つだけお届けしていますのでご参考に。( → こちら )



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  29

↑このページのトップヘ