野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

● 新型コロナワクチンの予約は終了しました

37.5℃以上の発熱で診察をご希望の方は、電話で予約が必要となります。→ ● 発熱外来



土岐英史

Little-Boy's-Eyes【診察室のBGM 182】


先月飛び込んできたニュースにとてもショックを受けました。

この1年、あまりにも多くのミュージシャンが亡くなっています。
神戸のジャズ界では、ビブラフォンの重鎮
鍋島直昶が1月に新型コロナで亡くなりましたが、まさか 土岐英史 までもが他界するとは夢にも思いませんでした。

5月に新譜
「Little Boy's Eyes」を出したばかりだったので尚更信じられませんでした。
このアルバム、サックスと2本のギターのみという珍しい編成。
荻原亮井上銘、この二人のギタリストを招いて、事前の打ち合わせもないぶっつけ本番のレコーディングだったようです。
譜面を渡された二人は、どちらがテーマを弾くかをじゃんけんで決め、その場で紡ぎ出されるアンサンブルにサックスを乗っけて行く。
そうやって自由に遊びながら出来上がった作品を、私は手にしています。

アルバムのラストはスタンダード曲
「You'd Be So Nice to Come Home to」
これが土岐英史が残した最後の演奏となりました。
彼がテーマからアドリブを一気に吹いた後、そのアイデアを引き継いでギターの二人が交互にアドリブ。
その絶妙な対話を楽しみながら演奏を終えたに違いありません。


Chickenshackのアルバムを手にして以来、ずっと彼のサックスを聴いてきました。
私のiPhoneからはほぼ毎日のように曲が流れてきます。
土岐英史のサックスは永遠です。

ご冥福をお祈り申し上げます。



6ekjdo1i.gif【診察室のBGM 26】


「Smoke Gets In Your Eyes」を私が最初に聴いたのは確かパティー・オースティンのアルバムだったと思います。
そして、土岐英史 の 92年のアルバム「In A Sentimental Mood」の最後を飾るのがこの曲でした。

邦題は「煙が目にしみる」と言い、歌詞にざっと目を通して最初のうちはタバコの煙をイメージしていましたが、よく読むと消えてしまった恋の炎のほのかにくゆる煙だったのですね。

学生時代にチキンシャックで土岐英史のサックスを知り、チキンシャックはもちろんのことソロでのアルバムもずっとお気に入りで今でも聴いています。
様々な音楽要素の混じった都会的なフュージョンを楽しませてくれるチキンシャックとは打って変わって、このアルバムは彼のサックスの何とも艶やかな音色で本格的なジャズをたっぷりと堪能させてくれる 1枚です。

豊かな表現力で目どころか体の芯まで染み込む「Smoke Gets In Your Eyes」、たまりません。
診察室に彼のサックスが響きわたると贅沢で豊潤なひとときを味わうことができます。


↑このページのトップヘ