野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して43年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

Fried-Pride

love-at-christmas【診察室のBGM 163】


12月に入り、診察室で流している音楽も恒例のクリスマスソングになっています。

今年紹介するのは、元
Fried Prideの 横田明紀男 が2017年にリリースしたクリスマスアルバム「Love at Christmas」です。
ジャケットは横田画伯自身の描いた絵。
私は結構好きです。
全13曲中10曲が、ヴァイオニストである奥様とのコラボ。
それぞれの曲で、ほー、そうきたか、と唸ってしまうアレンジが楽しいアルバムになっています。

「ホワイトクリスマス」
では、奥様のバイオリンの弾く主旋律のバックで、美しいハーモニクスや右の親指の根元でボディーを叩いて奏でるリズミカルなパーカッションなど、彼ならではの超絶ギターテクニックが存分に堪能できます。

ここ数年、彼の生演奏を聴く機会がなくて残念なのですが、今月中は診察室でヘビーローテーションで堪能することができます。

evergreen【診察室のBGM 94】


前回はアルバムタイトルが Red の曲を紹介しましたが、今回は赤い髪の至高のヴォーカリスト
Shiho超絶と称されるギターテクニックを駆使する横田明紀男のユニット、Fried Pride
この「診察室のBGM」では基本的に同じアーティストを採り上げるのは避けているのですが、彼らだけは特別で今回 5回目の登場となります。

1月24日、鹿児島で行なわれた彼らのライブ、素晴らしかったです。
聴くたびに深化するパフォーマンスには、本当に恐れ入ります。
ライブでは新譜
「Evergreen」から何曲か披露されましたが、その中でShihoちゃんがわざわざ和訳した詞を朗読してから唄ったのがエリック・カルメン「All By Myself」
聴いたことのない人はいないであろうスタンダードナンバーですね。
これを彼らならではの息の合った情感たっぷりの描写で会場は彩られました。
あの感動を診察室にも、とBGMにチョイスしました。

それにしても、日本の曲はスタンダードになるものが少な過ぎるように思いますが、どうしてでしょうね。

それからShihoちゃんの髪、九州でのツアーを終えたら黒くなったようです。


LIFE【診察室のBGM 77】


9月1日・2日に開催された鹿児島ジャズストリートの2日目を聴きに行きました。
マルヤガーデンズの屋上庭園ソラニワでひらひらと舞う蝶とともに聴く音楽も良かったですし、中央公園の手入れの行き届いた芝生に座りながら一流のパフォーマンスを楽しめるのもこのイベントならではのことでしょう。
にわか雨も忘れさせてくれた青木カレンクリヤマコトのデュオ、そして小沼ようすけ村上"ポンタ"秀一鶴谷智生との豪華セッションで思いっきり盛り上げてくれた
 Fried Pride、素晴らしかったです。
来年以降もこの素晴らしいイベントが続くことを期待します。

さて、この「診察室のBGM」で Fried Pride のアルバムを紹介するのは4枚目。
今回は7月に発売された「LIFE - source of energy」の中のオリジナル曲
「Caesar's Dream」はTVCMにも使われていますね。
二人の紡ぎあげる世界に私の野暮ったい解説は不要でしょう。
診察室のBGM用に彼らの曲はあまり多くは使ってないんですが、スピーカーから流れてくると幸せな気分になります。

For-Your-Smile.gif【診察室のBGM 58】


当院の診察室で流れている BGM の中から毎月ピックアップしてブログで紹介しているこのシリーズ。
極力同じアーティストは紹介しないようにしているのですが、唯一の例外がこの Fried Pride です。

2日に出たばかりのアルバム「for your smile」にもうメロメロになっています。
ジャズスタンダード曲を中心に全14曲。
この体の火照りは一体なんでしょうか。
言葉では表現しようがありません。
騙されたと思って聴いて下さい、買って下さい。

「Tea For Two」は、その歌詞が韻を踏みまくっているのでとってもリズミカルに聴かせることがほとんどなのに、フラプラは何と 3拍子にアレンジして抑えた表現をみせてくれました。
これには新鮮な驚きを感じました。
リーダー横田明紀男のいつもの華麗なギターのみならず、ヴォーカルの Shiho ちゃんの愛らしいピアノもまた聴きどころです。



 ※この新譜を引っさげて Fried Pride は実に 4年ぶりに鹿児島でライブをやってくれます。
 当然私は足を運びますけど、皆さんと一緒に盛り上がりましょうね。

   ・3月7日 19時30分開演
   ・キャパルボホール
   ・4500円にてチケット発売中です。





   □ 関連記事  【診察室のBGM 11】 【診察室のBGM 43】

↑このページのトップヘ